2010年04月16日

1日1回投与の鎮痛剤でライセンス契約―日本新薬(医療介護CBニュース)

 日本新薬は4月8日、カナダのラボファーム社が持つ独自の放出制御技術を適用した経口持続性鎮痛剤「トラマドール塩酸塩1日1回製剤」について、日本での独占的開発・販売に関するライセンス契約を締結したと発表した。錠剤のがん性・非がん性疼痛治療薬として、今年度中にフェーズ1試験を開始、2017年の発売を予定している。海外では、中等度から中高度のがんなどの痛みを適応として、米国やカナダ、欧州を含む17か国で販売されている。

 日本新薬のトラマドール塩酸塩の鎮痛剤には、独グリュネンタール社から導入し、がん性・術後疼痛治療薬として03年から販売している注射剤「トラマール注100」がある。09年度の売り上げは数百万円程度になる見通し。
 このほか、1日4回投与の速放性製剤(カプセル)について、今年半ばにがん性疼痛治療薬として承認を取得する見込み。非がん性疼痛治療薬としても開発を進めており、現在フェーズ2試験を実施中だという。

 日本新薬では、「製剤特性の異なるトラマドール塩酸塩製剤のラインナップを強化することで、さまざまな投薬ニーズに応えられる」としている。


【関連記事】
肺動脈性肺高血圧症治療薬でライセンス契約―日本新薬
個人輸入代行のネットサイトのED治療薬、4割が偽造品
慢性の痛み、薬の大半が適応外使用―明細書発行に懸念も
がん性突出痛治療剤を承認申請―協和発酵キリン
疼痛ケア「受けたことない」が約6割

東名阪道の勝川料金所から煙、IC入り口封鎖(読売新聞)
<子宮頸がん>「4月9日」に啓発イベント 検診受診率低く(毎日新聞)
立教大生殺害事件 発生から14年 父親らJR池袋駅で情報提供求めビラ配り(産経新聞)
1票の格差「違憲状態」請求棄却…高松高裁(読売新聞)
下着盗容疑で逮捕、甲府市所長「ごめんなさい」(読売新聞)
posted by サカモト ヒロカズ at 20:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

菅原文太氏が河村市長を応援=市議会解散問題で−名古屋市(時事通信)

 俳優の菅原文太氏(76)が5日、減税条例や市議の定数・報酬削減問題などをめぐり、市議会と対立する河村たかし名古屋市長を応援するため、同市役所を訪れ、議会の解散請求(リコール)のための署名活動に全面的に協力する意向を表明した。
 市長と共に記者会見した菅原氏は「市民税の減税は市民にとって歓迎すべきことで、市長の意見に賛同する」と強調。36万5000人分余りが必要な署名集めへの協力を約束した。菅原氏は、以前に河村市長とラジオ番組で共演して意気投合したという。 

【関連ニュース】
【特集】トヨタ リコール問題
トヨタ、米シェア急回復=首位GMに肉薄-3月の新車販売
業績回復、新しい力に期待=企業で一斉に入社式
12万5000台リコール=ダイハツ
「グローバル品質特別委」が初会合=リコール問題を検証

三原じゅん子、8日に“自民党デビュー”(スポーツ報知)
<北九州社長殺害>元従業員供述、「ハンマーで殴った」(毎日新聞)
【あれから、15年 警察庁長官銃撃事件】(下)浮上したもう一人の男(産経新聞)
さいたま市の岩槻脳神経外科病院が休止届(医療介護CBニュース)
自宅玄関に「爆発する」と張り紙=差し押さえを妨害、73歳男逮捕−佐賀県警(時事通信)
posted by サカモト ヒロカズ at 20:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

2人目擁立、小沢氏の「党本部主導」に地元反発(読売新聞)

 民主党は参院選の第2次公認候補を4月2日にも発表する。

 小沢幹事長は詰めの調整に余念がないが、内閣支持率が低下する中、2人区では小沢氏の2人擁立方針への反発が強く、新たな党内対立の芽になりそうな気配だ。

 民主党は今月3日に1次公認87人(選挙区47人、比例代表40人)を発表した。2次公認では新たに10人前後を決める方針だ。

 小沢氏は29日、国会内で役員会に出席したが、幹部らの報告を黙って聞くだけだった。その後、社民党との公認調整が難航している富山に入った。

 12ある2人区のうち、2人目の擁立を巡って紛糾しているのが茨城、静岡、長野、京都だ。

 小沢氏は26日、党静岡県連会長の牧野聖修衆院議員と会い、2人目の擁立を渋る牧野氏に対し「県連が2人目を擁立しないのなら、党本部で擁立することもある」と通告した。

 これに対し、静岡県連は29日の常任幹事会で、県連として2人目は擁立しないことを決めた。牧野氏は静岡市での記者会見で、「(鳩山内閣の)支持率は下がっている。どう考えても2人出して戦える状況ではない」と指摘。小沢氏の「党本部主導」の擁立方針についても、「地方の意見を尊重してやっていこうという党の基本精神に合わない」と反発した。

 長野県選出の羽田雄一郎参院議員も26日、小沢氏を訪ね、2人目の擁立に難色を示したが、小沢氏は応じなかった。小沢氏は30日に長野入りし、「党本部主導」の2人目を発表する予定だ。

 静岡、長野など2人区側が2人目擁立に難色を示すのは、共倒れの危険性があるほか、無党派層の支持を得やすい女性や若い新人を擁立した場合、現職の方が落選の危機にさらされる可能性があるためだ。

 長野では北沢防衛相が改選を迎えるが、県連内では、「米軍普天間飛行場の移設問題が北沢氏にマイナスに働く可能性がある。2人擁立して北沢氏が落選したら、目もあてられない」との声が出ている。

 これに対し、小沢氏は「2人擁立しても共倒れの危険はほとんどない」(周辺)とみる。衆院の小選挙区や参院の1人区は「風」に左右されやすいが、2人区では、民主党が仮に自民党を下回っても、公明党や共産党に負けなければ議席を確保できるとの判断からだ。2人擁立して比例票の上積みにつなげた方が得策との思惑もある。

 小沢氏に近い党幹部は「1人区が死に物狂いで戦っている最中に、2人区が1人だけで、『公示と同時に選挙は終了』みたいになったらおかしい。我々には大義がある」と指摘する。

菅家さん無罪確定 「別の被害者救済へ戦う」(産経新聞)
「ザ・コーヴ」出演女優、現地で漁中止訴える(読売新聞)
アフガンで男性記者不明 拉致情報も(産経新聞)
水俣病 未認定患者団体「不知火会」が和解案受け入れ(毎日新聞)
高橋「世界一」 先輩 やったね 母校関大祝クラッカー (産経新聞)
posted by サカモト ヒロカズ at 14:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。