2010年04月16日

1日1回投与の鎮痛剤でライセンス契約―日本新薬(医療介護CBニュース)

 日本新薬は4月8日、カナダのラボファーム社が持つ独自の放出制御技術を適用した経口持続性鎮痛剤「トラマドール塩酸塩1日1回製剤」について、日本での独占的開発・販売に関するライセンス契約を締結したと発表した。錠剤のがん性・非がん性疼痛治療薬として、今年度中にフェーズ1試験を開始、2017年の発売を予定している。海外では、中等度から中高度のがんなどの痛みを適応として、米国やカナダ、欧州を含む17か国で販売されている。

 日本新薬のトラマドール塩酸塩の鎮痛剤には、独グリュネンタール社から導入し、がん性・術後疼痛治療薬として03年から販売している注射剤「トラマール注100」がある。09年度の売り上げは数百万円程度になる見通し。
 このほか、1日4回投与の速放性製剤(カプセル)について、今年半ばにがん性疼痛治療薬として承認を取得する見込み。非がん性疼痛治療薬としても開発を進めており、現在フェーズ2試験を実施中だという。

 日本新薬では、「製剤特性の異なるトラマドール塩酸塩製剤のラインナップを強化することで、さまざまな投薬ニーズに応えられる」としている。


【関連記事】
肺動脈性肺高血圧症治療薬でライセンス契約―日本新薬
個人輸入代行のネットサイトのED治療薬、4割が偽造品
慢性の痛み、薬の大半が適応外使用―明細書発行に懸念も
がん性突出痛治療剤を承認申請―協和発酵キリン
疼痛ケア「受けたことない」が約6割

東名阪道の勝川料金所から煙、IC入り口封鎖(読売新聞)
<子宮頸がん>「4月9日」に啓発イベント 検診受診率低く(毎日新聞)
立教大生殺害事件 発生から14年 父親らJR池袋駅で情報提供求めビラ配り(産経新聞)
1票の格差「違憲状態」請求棄却…高松高裁(読売新聞)
下着盗容疑で逮捕、甲府市所長「ごめんなさい」(読売新聞)
posted by サカモト ヒロカズ at 20:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。