2010年04月20日

<愛知・豊川の家族5人殺傷>ネット回線再解約が引き金に(毎日新聞)

 愛知県豊川市の一家5人殺傷事件で、岩瀬高之容疑者(30)=殺人未遂容疑で逮捕=がインターネットを使用する電話回線をいったん家族に止められ、事件2日前の15日に「殺して火をつけてやる」と家族を脅していたことが一家の関係者の話で分かった。高之容疑者は自分で回線を復活させていたが、家族は16日に再び回線を止め、17日未明に事件が起きた。県警豊川署はネット使用を巡る一連のトラブルから高之容疑者が怒りを増幅させたとみている。

 殺害された岩瀬一美さん(58)の次男(24)の会社関係者や親族によると、高之容疑者は2〜3年前から一美さん名義のクレジットカードを使い、ネットオークションや通信販売でゲームなどを買っていた。自室は商品でいっぱいだったという。

 一美さんは事件の約2週間前に自宅の電話を止めたが、高之容疑者は勝手に回線を復活させた。15日には次男と三男文彦さん(22)を「インターネットを止めやがって。殺して火をつけてやる」と脅したという。

 だが16日、一美さんは再び電話を止め、高之容疑者は17日未明にネットが使えないことを知った。同署の調べでは、高之容疑者はこの後、「誰がネットを解約したんだ」と言って一家を次々と包丁で刺したとされる。

 同署は18日、高之容疑者を殺人と殺人未遂容疑で名古屋地検豊橋支部に送検した。【沢田勇、山口知】

 一家の関係者によると、殺害された岩瀬一美さんの毎月の給料は無職の長男、高之容疑者に管理されていたといい、引きこもり状態だった高之容疑者と家族のいびつな関係が浮かぶ。

 一美さんの同僚によると、一美さんは約30年前から豊川市内のガス会社に勤務。次男の会社関係者や親族によると、給料を管理していたのは高之容疑者で、20万〜30万円の収入から一美さんに5万円、母正子さん(58)に4万円を毎月渡し、残りを自分で使っていたという。

 こうした状態について、次男は会社関係者に「父が兄に強く言えない」と話していた。一美さん自身も親族に「私が言うと(高之容疑者が)怒るんだよ」と困った様子で話していたという。【沢田勇】

【関連ニュース】
詐欺:ネット通販で家電だまし取る 容疑で逮捕 /福岡
詐欺:盗んだカード情報使い商品購入、容疑で男を再逮捕 /静岡

<訃報>堀多恵子さん96歳=作家・堀辰雄の妻(毎日新聞)
1.1メートル16キロの大型イカ生け捕り 愛媛(産経新聞)
<蛇笏賞>眞鍋呉夫さんの句集「月魄」に決まる(毎日新聞)
携帯電話で市民税納付可能に 調布市(産経新聞)
【風】「女の生き方」どちらに共感?(産経新聞)
posted by サカモト ヒロカズ at 02:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

1日1回投与の鎮痛剤でライセンス契約―日本新薬(医療介護CBニュース)

 日本新薬は4月8日、カナダのラボファーム社が持つ独自の放出制御技術を適用した経口持続性鎮痛剤「トラマドール塩酸塩1日1回製剤」について、日本での独占的開発・販売に関するライセンス契約を締結したと発表した。錠剤のがん性・非がん性疼痛治療薬として、今年度中にフェーズ1試験を開始、2017年の発売を予定している。海外では、中等度から中高度のがんなどの痛みを適応として、米国やカナダ、欧州を含む17か国で販売されている。

 日本新薬のトラマドール塩酸塩の鎮痛剤には、独グリュネンタール社から導入し、がん性・術後疼痛治療薬として03年から販売している注射剤「トラマール注100」がある。09年度の売り上げは数百万円程度になる見通し。
 このほか、1日4回投与の速放性製剤(カプセル)について、今年半ばにがん性疼痛治療薬として承認を取得する見込み。非がん性疼痛治療薬としても開発を進めており、現在フェーズ2試験を実施中だという。

 日本新薬では、「製剤特性の異なるトラマドール塩酸塩製剤のラインナップを強化することで、さまざまな投薬ニーズに応えられる」としている。


【関連記事】
肺動脈性肺高血圧症治療薬でライセンス契約―日本新薬
個人輸入代行のネットサイトのED治療薬、4割が偽造品
慢性の痛み、薬の大半が適応外使用―明細書発行に懸念も
がん性突出痛治療剤を承認申請―協和発酵キリン
疼痛ケア「受けたことない」が約6割

東名阪道の勝川料金所から煙、IC入り口封鎖(読売新聞)
<子宮頸がん>「4月9日」に啓発イベント 検診受診率低く(毎日新聞)
立教大生殺害事件 発生から14年 父親らJR池袋駅で情報提供求めビラ配り(産経新聞)
1票の格差「違憲状態」請求棄却…高松高裁(読売新聞)
下着盗容疑で逮捕、甲府市所長「ごめんなさい」(読売新聞)
posted by サカモト ヒロカズ at 20:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

菅原文太氏が河村市長を応援=市議会解散問題で−名古屋市(時事通信)

 俳優の菅原文太氏(76)が5日、減税条例や市議の定数・報酬削減問題などをめぐり、市議会と対立する河村たかし名古屋市長を応援するため、同市役所を訪れ、議会の解散請求(リコール)のための署名活動に全面的に協力する意向を表明した。
 市長と共に記者会見した菅原氏は「市民税の減税は市民にとって歓迎すべきことで、市長の意見に賛同する」と強調。36万5000人分余りが必要な署名集めへの協力を約束した。菅原氏は、以前に河村市長とラジオ番組で共演して意気投合したという。 

【関連ニュース】
【特集】トヨタ リコール問題
トヨタ、米シェア急回復=首位GMに肉薄-3月の新車販売
業績回復、新しい力に期待=企業で一斉に入社式
12万5000台リコール=ダイハツ
「グローバル品質特別委」が初会合=リコール問題を検証

三原じゅん子、8日に“自民党デビュー”(スポーツ報知)
<北九州社長殺害>元従業員供述、「ハンマーで殴った」(毎日新聞)
【あれから、15年 警察庁長官銃撃事件】(下)浮上したもう一人の男(産経新聞)
さいたま市の岩槻脳神経外科病院が休止届(医療介護CBニュース)
自宅玄関に「爆発する」と張り紙=差し押さえを妨害、73歳男逮捕−佐賀県警(時事通信)
posted by サカモト ヒロカズ at 20:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。